リキッドって何? | 世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!

世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!

「世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!」のピクチャイメージです。

リキッドって何?

「リキッドって何?」のピクチャイメージです。

ベイプに必ず必要になってくる「リキッド」と呼ばれるものについて今回は話していきたいと思います。
リキッドというのは味を出してくれるフレーバーのことで、これがないと始まりません。

リキッドは色々な種類があるので、ベイプにハマるとたくさんのリキッドを試したくなるでしょう。
ではそんなリキッドは何で作られているのか知ってますか?

基本的にはPGとVG、そして香料の3種類の要素で作られています。
香料は聞いたことある人が多いと思いますが、一応説明しておくと香りづけをするためのものです。

そしてリキッドのボトルを見てみると、必ずPGとVGに関する数字が書かれています。
PGというのはプロピレングリコールの略になり、言い換えると品質改善剤です。
一般的には医薬品に使われていたり、化粧品にも使われていたりします。
またおにぎりなどの食べ物にも使われているので、もちろん体には害のないものとなります。
このPGがあることにより、リキッドに含まれる香料がさらに活かされるようになります。
また殺菌効果を持っているので、安心して含むことができるでしょう。

一方VGというのは、ベジタブルグリセリンのことを言います。
PGは無味無臭ですが、VGには若干の甘みがあるのが特徴です。
PGと同じく体に害があるものではないので、安心して口にしてもらって大丈夫です。
このVGは主に蒸気の量を表しているので、この数値が高いリキッドを使うとたくさんの煙を楽しむことができます。

基本的にはどんなリキッドでもVGが大体70%近く含まれていて、PGが30%くらいになります。
または両方とも50%ということもあるようです。